2017年05月01日

amazon詐欺見分け方と保障受け方

Amazon.co.jpに個人や業者が出品できる「マーケットプレイス」で、人気商品を市場よりも低価格で出品し、注文を受けても商品を発送しない詐欺が発生。正規品を出品する正規業者にも影響が出ている状況だ。被害に遭わないために詐欺業者や商品を見抜くためのポイントや、被害にあってしまった場合の対処法をまとめた。


【拡大画像や他の画像】


●詐欺商品の特徴


明らかに不自然な価格差がある


 詐欺行為を行っている業者は、他の正規業者が出品している商品よりも大幅に安い価格を設定することで、出品された商品一覧の上位に表示されることを狙う。


 通常、価格が大幅に下がる商品は「中古品」「傷がある」「訳あり品」「型落ち品」「メーカー保証対象外」「発売から年月が経過した」など、何らかの理由がある。新品でありながら、大きく価格が下がることは一般的に考えにくい。


●出品者の評価がない、もしくは情報が古い


 Amazonマーケットプレイスでは、商品を購入した人が出品者を評価できる仕組みがある。評価された件数や日時も表記されるが、詐欺業者の場合は過去に実績がない「新規出品者」であったり(=新規出品者が全て詐欺というわけではない)、高評価が付いていても日時が数年前のものであったりすることが多い。


●出品している会社の情報に違和感がある


 出品している業者(個人をのぞく)は、特定商取引法に基づく表記が義務付けられている。その中には運営責任者の氏名や店舗名、住所、電話番号などが含まれるが、詐欺業者の場合は「日本の住所なのに片仮名表記」「電話番号が日本のものではない」「漢字に違和感」「日本の商品なのに海外から発送」といった、明らかに不自然な点が見受けられることが多い。


 筆者が体験した「ブックス安心堂」という業者の例では、明らかに関係のない一般家庭と思われる住所が設定されていた。この業者は後日、Amazon.co.jpに不審な店舗と判断され、連絡先などが無効になった。


●詐欺商品を購入してしまった場合は


 「マーケットプレイス保証」は、出品された商品の品質などで何らかの問題が発生したときに、Amazon.co.jpが配送料を含めた最大30万円までを保証するもの。


 万が一、詐欺商品を注文してしまった場合は、この保証を利用して全額返金を受けられるという。手順は自身の注文履歴内に表示されている該当の商品欄から、「マーケットプレイス保証を申請」を選択する。ところが、ここからが少し問題となる。


 マーケットプレイス保証の申請条件は以下の通り。


1. 申請前に、アカウントサービスから出品者に連絡をした


2. 出品者に連絡し、2営業日が経過しても、出品者から返事がない


3. 購入者が出品者への支払いを済ませたが、出品者からお届け予定日を過ぎても商品が届かなかった場合(お届け予定日の最終日から3日後、または注文日から30日後のいずれかが経過した後に申請することができます)


 つまり、ルール上は最速お届け予定日の3日後からしか保証を申請できない。商品がお届け予定日を過ぎても届かないことで詐欺と気付いた場合は問題ないが、商品や業者のフィードバックなどを見て詐欺が明らかである場合はすぐに保証を申請したいと思うはず。


実際、詐欺商品はお届け予定日が遅めに設定されていくことも多く、すぐに保証を使えないこともある。


 そんな場合は、Amazon カスタマーサービスに電話やチャット、メールで直接問い合わせるのが有効だ。現在、Amazonでは詐欺出品が多発していることを受け、特例ですぐに保証を申請できるようになっているようだ。


 Amazon.co.jpの保証制度によって金銭的被害は避けることはできる。しかし、詐欺業者には注文者の個人情報が渡っている。冒頭の見分け方を参考に、違和感を覚える出品には手を出さないよう引き続きの注意が必要だ。
Amazonギフト券- Eメールタイプ - Amazonベーシック -
Amazonギフト券- Eメールタイプ - Amazonベーシック - Amazonギフト券(グリーティングカードタイプ ) - 10,000円 (春) -
Amazonギフト券(グリーティングカードタイプ ) - 10,000円 (春) - Amazonギフト券- 印刷タイプ(PDF) - Amazonベーシック(ホワイト) -
Amazonギフト券- 印刷タイプ(PDF) - Amazonベーシック(ホワイト) - Amazonギフト券 - マルチパック・カードタイプ - 2,000円×10枚 (Amazonオリジナル) -
Amazonギフト券 - マルチパック・カードタイプ - 2,000円×10枚 (Amazonオリジナル) - アマゾンと物流大戦争 (NHK出版新書) -
アマゾンと物流大戦争 (NHK出版新書) -
posted by 志村三男 at 15:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 役に立つ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3万円で墓が! 孤独死と共に・・・・・・・。

お墓のことを考えたらこの1冊第2版 [ 石原豊昭 ] - 楽天ブックス
お墓のことを考えたらこの1冊第2版 [ 石原豊昭 ] - 楽天ブックス孤独死が増える!
そんななか、3万円で墓地への埋葬を行っているNPO法人「終の棲家なき遺骨を救う会」へ近年増えている依頼が、孤独死した親類の遺骨の引き取りだ。担当者は内情を明かす。

「埋葬の相談の約3割は、孤独死した方の親族の引き取り依頼です。依頼者は実の子や、甥や姪だったり。『血が繋がっているというだけで埋葬を押しつけられ困っている』という相談が毎日のようにあります。孤独死された方とは、生前にほとんど接触もなかった。住んでいたところもわからないのに、突然警察から連絡が来て、遺骨を引き取らされる。亡くなったことによって、初めてその方がどんな生活をしていたかを知ったという人も多いですね……」

 そんな行き場のないお骨の最後の砦が「超低額の墓地」の存在だ。と言ってもお寺の場所は新宿区のど真ん中。宗派も不問ということで人気を集めている。

 最近では、「身内も友達もいない。このままだと孤独死して迷惑を掛けてしまうから」と、生前に埋葬の契約を結ぶ単身者も多いと担当者は言う。

取材・文/菅野久美子
― [中年の孤独死]が止まらない! ―
一歩間違えるとお世話になることになるかも? まあ千尋君の場合すぐ親族(叔父の円)が現れたのと父は身寄無いが墓は所持していた(維持費いくらだろうか?)ので母さんはそうならずに済んだが円あらわれなかったら自宅で遺骨所持かこの制度を管理人さん経由で使用するはめになったかも?
posted by 志村三男 at 02:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 俺流葬式の流れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

納骨と戒名の値段合わせて?

約30万なり。
千尋君は流石に工面できなかったろう。それ以前に死亡するとその本人口座から金が引きだせなくなりますが。この辺りどうするかは私もやってる最中なので下せたら経過は書きます。
 でも千代さん生活困窮してたみたいだからあまり貯金無いかも。シングルマザーは大変だから。中の人同じでも高町なのはとは偉い違いだ。まーあちらは超エリート扱いだが。
まあこれは実家暮らしになったら円や桂一郎が手配や金の工面は流石にしてくれたんだろうな。
 まあ実家出て嫁にいった扱いになったのだから色々あったし実家の墓には入れないんだろうな。もっとも謎の身寄りが無い割に墓はある謎父だが。
少年メイド10 (B's-LOG COMICS) -
少年メイド10 (B's-LOG COMICS) - 少年メイド コミック 1-8巻セット (B's-LOG COMICS) -
少年メイド コミック 1-8巻セット (B's-LOG COMICS) - 少年メイド 9 (B's-LOG COMICS) -
少年メイド 9 (B's-LOG COMICS) - 少年メイド―スーパー小学生・千尋におまかせ! (角川つばさ文庫) -
少年メイド―スーパー小学生・千尋におまかせ! (角川つばさ文庫) - 少年メイド 6 特装版 (B's-LOG COMICS) -
少年メイド 6 特装版 (B's-LOG COMICS) -
posted by 志村三男 at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 俺流葬式の流れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月18日

葬儀屋に頼んだわけだが・・・・・・。

 病院にかかりつけの葬儀屋がいて(この辺り「太郎」という漫画に詳しい)俺は何社競見積もりさせたかったが長姉が最初のところにまかせようというのでやも負えずそこに頼む。
ちなみに最初の見積もりは70万だったが予想外の膨れ上がりで最終的には170万になる。
 まあ予想以上に人が来たこととそのため寿司の追加が原因らしいが寿司で100万って・・・・・・。
 後で分かったことだが実は父は日暮里の某婚礼葬儀を執り行う組合(?)の会員で12万出資していてその12万も葬儀代につかえたそうだ。まあこういうのは後になってわかるもんだ。
あまり考えたくないが次はそこに頼むか。
太郎(TARO)(1)【電子書籍】[ 細野不二彦 ] - 楽天Kobo電子書籍ストア
太郎(TARO)(1)【電子書籍】[ 細野不二彦 ] - 楽天Kobo電子書籍ストア
posted by 志村三男 at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 俺流葬式の流れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする